マガジンのカバー画像

hey people

50
heyではたらく人のインタビュー。
運営しているクリエイター

2021年1月の記事一覧

Rubyコミッターの卜部昌平氏が目指す、 お商売を簡単にすること、を簡単にすること

heyのプラットフォーム本部でプログラマーを務める卜部昌平さん。また、Rubyのコミッターという顔を持ってもいます。そんな卜部さんに、heyで働く理由やこれまでのキャリアなどを聞きました。 ゲームを作るために始めたプログラミング ──これまでに受けられていたインタビューを拝見すると、大学時代ですでにRubyの開発に取り組まれていたとか。小さな頃からプログラミングをやっていたんですか? パソコンを初めて触ったのは中学の時くらいでした。当時はまだインターネットにも繋がってい

スキ
57

誰もが好きなことに取り組める、個性が爆発する時代を僕が作る

heyでビジネスディベロプメント本部のVPを務める伊藤圭太(いとう・けいた)さんに、これまでのキャリアやheyで目指している世界について聞きました。 スポーツで培ったプロ意識、商社で世界を転々 ──heyにいらっしゃる前には世界を渡り歩くお仕事だったとか。どんなお仕事だったのでしょうか。 一番印象に残っているのは無印良品を手掛ける良品計画に出向したことですね。海外で副社長職を経験したり、原料からお客様の手に届くまでのサプライチェーンを整備したり。当時はほぼ寝ずに仕事をし

スキ
38

「簡単に使い始められて、安心して使い続けられる」。プロダクトオーナーが語るSTORES 決済 のコアバリュー

heyのプロダクト部門、プロダクトマネジメント本部で STORES 決済 のプロダクトオーナーをつとめる谷塚 憲三(やつか・けんぞう)さん。大企業からベンチャー企業の世界に飛び込み現在にいたるまでのお話と現在のお仕事についてお話を聞きました。 大企業人材会社からベンチャーに飛び込み受けた衝撃 ——これまでのキャリアからお伺いしたいです。最初はベンチャー企業ではなかったとか? はい。新卒で大手化粧品メーカーに入社し、その後大手人材会社に入社しました。職種は両社とも営業職で

スキ
28

デザインを突き詰めて考えることは、事業づくりを考えること

プロダクトマネジメント本部で新規事業を手掛けている井出 優太(いで・ゆうた)さん。デザイナーでもありながら事業づくりを行う理由や、heyではたらく理由を聞きました。 プロダクトデザインから新規事業まで ——今はどんな仕事をしていますか。 STORES には現在3つのサービスがありますが、その全サービスのプロダクトデザインや、新規事業として新しいプロダクトをつくる仕事をしています。 デザインを突き詰めて考えると、事業を考えることにぶちあたる ——デザイナーとしてキャリ

スキ
44