見出し画像

チームの力を引き出す。STORES 決済を支えるエンジニアチームのマネージャー

heyのテクノロジー部門の決済本部でクライアントグループでマネージャーをつとめる川端和樹さん。社内では「レモンさん」の愛称でおなじみです。heyに入られた理由、マネジメントで大切にされていることなどを聞きました。

小学校五年生で始めたプログラミング

画像1

──プログラミングを始めたのはいつなのでしょうか?

小学校五年生の時です。

──早いですね!

確かに早い方だと思います。安いパソコンを買ってもらって、ひたすら何かを作っていました。

──その魅力はなんだったのでしょう?

運動神経もセンスもいらないことと、やりたいことがキーボードひとつでできることです。プログラミング自体の面白さは、少ないルールで何かができていることに面白さを感じていました。大学では物理学を専攻していたのですが、これも同じように、少ないルールで大きな物が動いていることに美しさを感じたからなんです。

──それではキャリアは最初からエンジニアなんですね。

そうです。新卒ではゲームの会社に就職して、初めて作ったゲームが大ヒットしました。

──すごいじゃないですか!

ありがたいことではあったのですが、めっちゃダウンロードされたのに全然儲からなかったんですよ。動くものを作るのが面白くてゲームを作る仕事に没頭していましたが、一方で作り方だけでなく、売り方がわからないとお金を作ることができないんだと気づいた原体験でした。

──なるほど。それで転職を?

そうです。とにかく事業がうまくいっている会社に行ってみようと考えてマッチングアプリのPairsを作っている会社に行きました。iOSのアプリエンジニアとして働き、スクラムマスター(注:スクラムの理解と実践を推進し、プロジェクトを円滑に進めることに責任を持つ人のこと)の役目をやらせていただきました。この仕事を通してチームで成果を出す大切さや楽しさに気づかされました。みんなで事業を伸ばすのが楽しくてたまらなかった。けれどここで、「もっとコードを書けばうまくいくことが増えるのでは」という疑問を感じるようになっていたのも事実です。

「やっぱりコミュニケーションだ」と気づいてheyへ

画像2

──ということは、コードを書くことに専念できる仕事にしたのでしょうか。

そうなんです。フルリモートでひたすら別々でコードを書くような会社に転職してみました。一年やってみましたが、そこで気づいたのは、「ひとりでできることは少ない。やっぱりコミュニケーションをしたほうが成果が出る」ということ。チームでもう一度働きたいと思い、heyに入りました。

──heyの魅力はどんなところだったのでしょう。

チームで働けることはもちろん、規模感もいいなと思っていました。贈与経済など、お金のやりとりがただの価値交換以上のコミュニケーションになるだろうという考えも持っていたことから、お金にまつわるサービスだということにも面白さを感じました。

リーダーとして大切な「引き出す」技術

画像3

──heyではマネジメントをしていらっしゃいますよね。大切にしていることはありますか?

スクラムマスターの経験をした時にリーダーに必要なのはサーバントリーダーシップだと考えた経験から、事業に仕える立場でチームのみんなをエンゲージメントしていくことを大切にしています。

具体的には、余白とコミュニケーション設計。例えばスケジュールを作業だけで埋め尽くすのではなく、チームメンバーが好きなものを勉強できる時間をとったり飲み会を行うなど、余白を作って、チームのコミュニケーションがスムーズに行えるように気をつけています。このような状況になってリモートワークが導入されて時間や場所が分散されるようになっても、みんなで一緒に過ごす時間をとったりして工夫しています。

──サーバントリーダーシップ、実際に行うのは難易度が高そうにも感じました。

過去にはうまくいかなかったこともありました。サーバントという言葉に引っ張られすぎて、自分が意志を持てていなかったんです。これではチームメンバーもついてこれないし、プロジェクトもうまくいきません。そこで改めて気づいたのは、サーバントでありながらも、意志をもってやりたいことを伝えること、みんなのコミットメントややる気を引き出しながら合意形成することの大切さ。難しいことですが、最近僕が本で読んで実践していることがあります。

──どんなことなのでしょう。

それは「石のスープをつくる」ということ。

──石、ですか。

例え話なんですけどね。おいしいスープを飲みたいけれど、作り方がわからない、あるいは誰かにやってもらいたいとする。その時は、みんなが見ているところで「石のスープをつくる」んです。そうすると、周りの人がやってきて、「何をしてるんだ」と聞いてくる。「スープが飲みたくて」と言えば「じゃぁ石のかわりにジャガイモを入れたらどうだ」「ニンジンも入れたらどうだ」となって、結果おいしいスープができる、とこういう寓話です。

──つまり、大雑把な叩き台を作って方向性を示せば、周りからのフィードバックによって作りたいものを完成させることができる、ということですね。

そう。それにこのスープはみんなが参加したみんなのスープになるというわけです。最低限の道筋を立ててみんなに参加してもらうことで、みんなが気持ちよくコミットできるエンジニアリングができるのではないか、と考えています。

heyとこれからのこと

──これからやってみたいことなども聞かせてください。

heyを選んだ大きな理由は、事業やプロダクトを伸ばした経験を積めそうであること、上場するまでを支えるなど、再現性の高いスキルを身に付けられそうなところでした。なので、今のチームのみんなでプロダクト、ひいては事業を目指すことに向かってまずは頑張って、その先に上場を見ることができたら嬉しいですね。

そして、技術そのものだけでなく、チームマネジメントやカルチャー作りを担うVPoEになれたらいいなと思っています。

僕の原点は、教育にあります。学生の頃はアルバイトで家庭教師をやっていたし、祖母も母も学校の先生をしていました。教育を表す「Education」は、ギリシャ語で「引き出す」という意味なんです。時々この原点に立ち返りながら、チームのやる気や技術を「引き出す」マネージャーでありたいと思っています。

川端さんのお気に入り:BIBLIOPHILIC
本にまつわる様々なアイテムを取り扱ってます。

(写真・文:出川 光)

\ heyでは一緒にはたらく仲間を募集中です!/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
20
heyのnote、通称hey noteは、heyのオープンな社内報です。heyではたらく仲間のこと、みんなが考えていること、オフィスで起こるできごとについて。せっかくそんな話をするなら、みんなに読んでもらったほうが楽しいから作りました。